世界中のこども達が夢中になっている、アナと雪の女王。
先週のDVDリリースを記念して、エルサになることを夢見る女の子達が集まった
FROZEN PARTY のお手伝いをさせて頂きました。

今回は、アナ雪の大ファンのママがホストになり、
仕事の合間を縫ってお料理やデコレーションの準備をしてくれました。
当店のアイテムも沢山使って頂いて、アナ雪の世界観あふれる素敵なパーティーになっています。
アナ雪テーマのパーティーを彩るフードやデコレーションアイディアもいっぱいです。
アナ雪パーティーの際は是非取り入れてみてくださいね。

アナと雪の女王パーティー_リトルレモネード_2


リビング一面、アナ雪の世界に。雪の結晶の形やブルー系のペーパーファンを贅沢に飾って、壁には特大のエルサのウォールステッカーや、オラフのバルーンでキャラクターのイメージを取り入れました。
アナと雪の女王パーティー__2RR
手芸が得意なおばあさまが作ったという、エルサのマントとドレスが、主役たちの到着を待っています。
今回のパーティーは、こども達に内緒でママ達が準備したサプライズパーティー。
こども達は帰ってきた瞬間、魔法にかかったようなリビングに大感激だったようです。
アナと雪の女王パーティー_2

デザートテーブルは、リビングに置いてあるチェストを使いました。
これもおばあさまのお手製のテーブルクロス。センターのリボンとドレープがプリンセス風で素敵です。
アナと雪の女王パーティー_3
チェストの下にはアナ雪の本が並んでいます。
アナと雪の女王パーティー_4
こども達のダイニングテーブル。IKEAのプラスチックプレートをセットして、マシュマロのスイーツや雪みたいな白のハニカムボールがディスプレイされています。
アナと雪の女王パーティー_5
こども達をパーティーに呼ぶとき、よくホストが困るのが椅子の数が足りない!ということ。
床やソファーでもいいですが、やっぱり人数分の椅子が欲しいですよね。
今回のホストママは、100円SHOPのプラスチックの椅子を紙とリボンでラッピングして、コーディネートにあうようにデコレーションしていました。
これならコストも抑えられて、収納も楽ですね!
アナと雪の女王パーティー_6
ここからはスイーツをご紹介。
カットフルーツは、リボンでデコレーションされた足つきのカップに入れて。
フォークも刺しておけば、もっとパーティーっぽくなります。
アナと雪の女王パーティー_7
テーマパーティーに欠かせないカップケーキとアイシングクッキー。
アナと雪の女王パーティー_8
加えて、今回はケーキポップも用意しました。
今回のケーキポップは、鈴カステラをストローに刺して、キャンディメルツというカラーチョコレートにくぐらせただけの超簡単ケーキポップ。
アナと雪の女王パーティー_9
オラフのアイシングクッキーはホストママが作ってくれました。以前、アイシングレッスンにも来て頂き、それ以来はまってるそうですごく上手!
アナと雪の女王パーティー_10
カップケーキには、フードカラーで少し色付けしたクリームをのせて、アラザンと雪の結晶のアイシングパーツをトッピング。
雪の結晶は、ツルツルしたクッキングペーパー等の上にアイシングで絵をかいて、乾いたもの取って、クリームに載せるだけ。
もろくて壊れやすいアイシングパーツですが、クリームの上やクッキーの上にトッピングとして使いたい時に便利な技です。
アナと雪の女王パーティー_11
ブルーハワイのゼリーは透明のカップに入れて固めて、レースリボンで巻けば、涼しげで上品なスイーツになります。
アナと雪の女王パーティー_12
フードもアナ雪風に。こちらは素麺を1口ずつスプーンに載せて、ガラスのお皿に並べたもの。クリアな感じがすごく綺麗で今回のテーマにぴったりでした。
アナと雪の女王パーティー_13
ボトルクーラーもアナ雪デコレーションされていました☆パーティーが始まってからは、青色に色付けした氷を入れて冷やしたそうです!すごい凝っています!
アナと雪の女王パーティー_14
オラフのおにぎり。ノリとチーズでできた目と口に、カニカマのお鼻がとても可愛い!
アナと雪の女王パーティー_15
大人のダイニングテーブルはシルバーとブルーのテーブルセンターを使い、こどもテーブルよりも大人な雰囲気に。
アナと雪の女王パーティー_16
ゲストへのお土産は雪の結晶のメガネと、ビーズ!ビーズにはテグスがついていて、みんなでビーズのブレスレットを作って遊びました。
アナと雪の女王パーティー_17

ゲストが集まってからは、もちろんDVD鑑賞タイム。みんなで大合唱して、楽しい時間を過ごせたようです。
アナと雪の女王パーティー_19

アナ雪のパーティーが嬉しすぎて、その晩はドレスを着たまま眠ってしまい、
次の日飾り付けを外すときは大泣きしてしまったという主役の3歳の女の子。
パーティーは1日だけの特別な空間だけど、その記憶はママの愛情と共に、
ずっと心に残る思い出になったと思います。
ホストママからは、準備は大変だったけど、キッズパーティーの楽しさに目覚めてしまった!とメッセージも頂き、キッズパーティープランナーとしては嬉しい限りです。

こどもが今好きな物をテーマにしたパーティーはママも企画しやすく、
何より喜んでくれているこどもの顔は、ママにとっても格別な幸せです。
先ずはチェストの上の小さなスペースから、初めてみるものいいかもしれません。
楽しんでプランしてくださいね☆